ブログ

老化の原因 AGEs

こんにちは、リライフ鍼灸整骨院スタッフ伊澤です。

老化の原因となっているAGEsを知っていますか

AGEsとは、advanced glication end product 終末糖化産物のことです。

アンチエイジングには酸化を防ぐことが常識になってきましたが近年、糖化が酸化を促進することがわかってきました。しかも糖化は老化に直接影響することがわかってきました。

わかりやすく言うと酸化は身体のサビ、糖化は身体のコゲといった感じです。

パンケーキを作るとき、小麦粉(炭水化物)と卵(タンパク質)を混ぜて焼くと表面が焦げますがそれと同じ状況が身体に起きています。

例えばこれが骨に起きると骨を茶褐色に染め骨粗しょう症につながったり血管内だと動脈硬化、肌に行けばシワやシミといったように身体に様々な悪影響を及ぼします。

糖は深く日本に根付いているので完全に糖化を防ぐというのは難しいですが少しでも気にかけてみて下さい。

ちなみにですが最近久留米大学が糖化を防ぐアポラクトフェリンという物質を開発するのに成功したそうです。