営業時間

●フィットネスの営業時間
月~金/10:00~20:00(土・日・祝は18:00まで)
※水曜日休館日

テニス肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肘の外側を押すと痛みがある
  • タオルを絞る動作で肘に痛みが出る
  • 手首を反ったりすると痛みが出る
  • 重いものを掴んで持ち上げると痛みが出る
  • 雨戸の開け閉めで痛みが出る

テニス肘はなぜ起きるのか?|リライフ鍼灸整骨院

まず、テニス肘と聞いてテニスをしている人がなるのでは?と思います。このテニス肘はテニスをする人に典型的で、とても多く見られる肘の外側に起こる痛みです。ただ、これを一般的に解剖学の言葉で表すと、『上腕骨外側上顆炎』と呼ばれています。

又、テニスをしない人(主婦の方など)に『上腕骨外側上顆炎』の痛みが起こる場合が多々あります。テニスで言えば、テニスのストローク時に過度に負荷が掛かり、肘の外側の出血や部分剥離、小断裂などによって炎症が起こるとされています。

また、主婦の方でも起こりやすいとされている原因としては、テニス同様ではあるが繰り返し行う作業や家事による肘への負担が原因と言えるでしょう。例えば、家事や仕事で重いものを持ったり、赤ちゃんを抱いたりと負担はかなりのものと言えます。そのような繰り返しの負担によりテニス肘は起こってしまうのです。

テニス肘が治らない・悪化する理由は?|リライフ鍼灸整骨院

多くは、オーバーワーク(使いすぎ)にあると言えるでしょう。数週間安静にしていれば治るケースや長い方で、半年くらい掛かる方、慢性化してしまって、痛みと付き合っている方、

テーピングやサポーターをしている方など条件は一人ひとり違います。痛みがある状態でも構わずプレーしている・家事や仕事で無理をしてしまうなどの患者様はとても多いです。その場合、悪化をするのは目に見えています。程度や症状によっては、痛みが引かなかったり、握力が低下したり、肘の曲げ伸ばしが不自由になったり、日常生活にさまざまな支障が出てくるでしょう。

肘の痛みくらいと思わず、少しでも痛みや不安があれば、加須市のリライフ鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください。

加須市リライフ鍼灸整骨院のテニス肘の施術方法は?

まず、テニス肘の急性期の痛みの場合は炎症症状があり、腫れて鋭い痛みや熱を持っていたり、炎症により肘周辺が赤くなっていたり、動かしづらかったりと様々な症状が起こります。

その場合は痛めている箇所の炎症を抑える為に特殊電気治療(ES5000)や氷等で冷やします。

また、肘以外の箇所(手首や肩など)を庇い筋肉が硬くなっているケースや関節の位置がズレてしまっているケースがあります。その場合は、施術やストレッチで筋肉の緊張を緩めたり、MIインパクトといった振動に着目した機械(振動療法)で関節や筋肉や骨格にアプローチを行います。又、程度によっては、鍼灸治療も併用して炎症症状の疼痛緩和を目指します。

そして、痛みや炎症症状が緩和してきたら、痛みの予防や根本治療を目指します。他院の場合ここで、治療が終わるケースがほとんどですが、リライフ鍼灸整骨院ではフィットネスクラブを併設しているため、運動療法やリハビリのようなケアまで行うことが可能です。

結局のところ、再発して痛みが出る、繰り返してしまうことは、とても辛く治療を受けるのも面倒になってしまいます。

繰り返してしまったりする理由として、普段の姿勢や身体の使い方に問題があるケースが多いと考えられます。

予防出来るストレッチやトレーニングを普段からしている方とまったくしていない方では予後はまったく違います。加須市のリライフ鍼灸整骨院では、そんな患者様が『自分史上最高の身体』を目指し、患者様のお身体が治ったら、やりたいことが出来るように全力でサポートしていきます。

治療→運動といった他院とは一味違うリライフ独自の根本治療をおススメしております。

※それ以降の治療としては、お身体のメンテナンスとして通われる患者様が多くいらっしゃいます。

テニス肘は、テニスをしている方だけではなく日常生活からも起きえるものです。そんな皆様の身近にあるものだけに、以外と放置もしがちです。少しでもお身体のことが気になる・痛みがあるという方は加須市リライフ鍼灸整骨院に是非、一度お越しください。

お問い合わせ

  • リライフ鍼灸整骨院
  • LINE
営業時間

●フィットネスの営業時間
月~金/10:00~20:00
(土・日・祝は18:00まで)
※水曜日休館日

住所
〒349-1134
埼玉県加須市北下新井104-2
カスミストア内
アクセス
栗橋駅から車で7分
南栗橋駅から車で10分
駐車場完備!