営業時間

●フィットネスの営業時間
月~金/10:00~20:00(土・日・祝は18:00まで)
※水曜日休館日

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 脛の内側に痛みがある
  • スポーツでランニング・ジャンプなど繰り返し行うことが多い
  • 最近、特に練習量が多い
  • グラウンド状況の不良、シューズの変化がある
  • 扁平足や回内足である

シンスプリントはなぜ起きるのか?|リライフ鍼灸整骨院

シンスプリントは、別名「脛骨過労性骨膜炎」といい、スポーツを行う学生などに起こりやすい障害とされています。特に陸上選手など、ランニング・ジャンプ・ターン・ステップなど繰り返し足関節に動きが加わると、ふくらはぎの筋肉に疲労が起こり、それらの筋肉の負担を引き起こします。ついで、足部の疲労でジャンプなどの衝撃を抑える能力の低下や足部の変形も原因となって起こるとされています。

症状としては、脛の内側や後内側に沿った痛みが多く、そこを構成する筋肉の牽引により、損傷や炎症をきたしていると考えられています。脛の内側に痛みがあり、押して痛む、その上、扁平足や回内足、片足のスクワット等で膝が内側に入るようなことも見られる際はシンスプリントを起こす可能性が高いとされています。

又、シンスプリントから疲労骨折に移行する場合も少なくはないので、シンスプリントだからと、甘く考えず、加須市リライフ鍼灸整骨院にお気軽にご相談下さいませ。

シンスプリントの痛みが治らない・悪化する理由は?|リライフ鍼灸整骨院

シンスプリントが治らない・悪化する一番の理由としては、治らない状態でのオーバートレーニングや一度安静にしたものの、急に負荷を与えすぎてしまった。又、グラウンド状況の問題やシューズの問題、身体の使い方などさまざまな要因が考えられるでしょう。もちろん、監督・コーチの方針などで、練習の頻度や量は中々減らすことが出来ません。それに減らすことが出来ても減らすことの不安など、とても神経質になる所でもあります。

グラウンドの状況・シューズの問題もすぐに変えられるとも限りません。では、どうすれば良いのか。多くの場合、アライメントといって、各関節や骨の並びが崩れているケースがほとんどです。

又、崩れていると関節や筋肉、靭帯などに負担がかかってしまい怪我をしてしまいます。アライメントを整えた上で各スポーツの特有の特性に合わせた身体の使い方を得ることによって改善も可能になるでしょう。加須市リライフ鍼灸整骨院では、このように、治らない・悪化する理由を患者様と一緒に考え、探して治療していきます。それでは、次に加須市リライフ鍼灸整骨院でのシンスプリントの施術の方法を説明させて頂ければと思います。

加須市リライフ鍼灸整骨院のシンスプリントの施術方法は?

まず、痛みが強い場合や炎症が強い場合は原因となっている運動を中止する必要もあるでしょう。又、アイシングやふくらはぎのストレッチもする必要もあるでしょう。

当院でも治療前にアイシングをした上での治療やES5000(特殊電気治療)といった電気治療や鍼灸治療なども併用して炎症症状の緩和を目指します。又、上記で説明した通り、アライメントはとても重要です。炎症症状の緩和と並行して、患部外の治療も行っていきます。当院では、施術(マッサージ)やMIインパクトという振動療法、骨盤調整などを行い全身のバランスも整えていきます。そうすることでより負担がかかりにくい身体になっていくかと思います。

多くの鍼灸整骨院では、痛みや症状が落ち着いてきたら、治療終了となりますが、加須市リライフ鍼灸整骨院では、シンスプリントになりにくい治療や運動を提案させて頂きます。加須市リライフ鍼灸整骨院では、フィットネスジムを併設している為、運動療法といって学生からご年配の方まで、競技スポーツのパフォーマンス向上から日常生活を安心して送るための運動などを様々の分野の運動をご提案します。

また、上記で説明させて頂いた通り、シンスプリントは本来あるべきアライメントや身体の使い方を覚えることが根本改善の近道でもあると考えます。体操や運動、トレーニングをして自分史上最高の身体を作り、シンスプリントに、おさらばして頂ければと思います。こちらを最後までお読み頂き、ありがとうございます。それでは、加須市リライフ鍼灸整骨院でお待ちしております。

お問い合わせ

  • リライフ鍼灸整骨院
  • LINE
営業時間

●フィットネスの営業時間
月~金/10:00~20:00
(土・日・祝は18:00まで)
※水曜日休館日

住所
〒349-1134
埼玉県加須市北下新井104-2
カスミストア内
アクセス
栗橋駅から車で7分
南栗橋駅から車で10分
駐車場完備!