営業時間

●フィットネスの営業時間
月~金/10:00~20:00(土・日・祝は18:00まで)
※水曜日休館日

オスグッド

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 「太ももの前側や太ももの裏側が張っている」
  • 「身体が固い」
  • 「膝のお皿の下のスネが痛い」
  • 「膝のお皿の下のスネが膨隆してきた」
  • 「膝のお皿の下のスネが腫れている、熱を持っている」

なぜその症状が発生するのか?|リライフ鍼灸整骨院

この症状は10~14歳の成長期のお子さんで、急激に身長が伸びた、サッカー、バレーボール、バスケットボールなど、ジャンプ、走るなどの膝に負担がかかりやすいスポーツをしているお子さんによく見受けられる、「オスグッド病」かもしれません。

オスグッド病(Osgood(オスグッド)-(-)Schlatter(シュラッター)病)とは、成長期に見られるスポーツ外傷・障害である、骨端症のひとつです。成長期の骨の特徴は、骨形成が活発で、成長軟骨組織である骨端線と呼ばれるものがあります。骨端線は柔らかく、負荷が加わった時にウィークポイントとなり、特有の損傷となります。

そして骨端線に繰り返す負荷により、慢性障害として骨端線に生じた損傷を骨端症と呼びます。成長期には骨の長さの活発な成長の結果、筋肉は相対的に短縮し、柔軟性の低下が発生します。柔軟性の低下は身体の動きを固くするだけでなく、骨端症のリスクを高めることになります。特に身長増加が大きい年齢(PHVage)は13歳と言われています。

その時期以降に身体が最も固い時期があり、筋肉量や骨量が最も大きい年齢はPHVage+1年ほど遅いと言われています。オスグッド病は、骨端症の中で最も頻度が高く、よく知られている障害で、小学校高学年から中学生に好発します。太ももの前の筋肉に張力が加わることで、膝のお皿の下のスネ部分の骨が引っ張られ、膨隆します。膨隆した部分は変形し、一度生じると戻りません。

オスグッド病かも?と感じた方は是非加須市のリライフ鍼灸整骨院までお気軽にご相談くださいませ!

治らない・悪化する理由、その症状を放置するとどのようなリスクがあるのか?|リライフ鍼灸整骨院

痛み始めの場合、運動を休止することで痛みが落ち着きますが、休息があまり取れない、筋肉の張りが取れないなどのオーバーユース(使い過ぎ)状態になると、痛みは慢性化しやすくなり、痛みだけでなく骨が隆起し始めます。オスグッド病が進むと、骨が隆起するだけにとどまらず、剥離するリスクもあります。

オスグッド病の進行を抑えるためには、膝のお皿の下のスネ部分にかかる負荷を減らす必要があります。どんな負荷かと言うと、上記で述べたように太ももの前側の筋肉が強い力でスネ部分を引っ張る負荷が要因なので、太ももの前側の筋肉の突っ張りを取り、柔軟にすることが必要です。また、太ももの裏側の筋肉も突っ張っていることが多いので合わせて、太ももの裏側の筋肉も柔軟にしておくと良いでしょう。

オスグッド病に対して行う、加須市「リライフ鍼灸整骨院」の施術についてご紹介です。|リライフ鍼灸整骨院

まず、痛みが発生しているということは、炎症反応が生じています。炎症反応を取り除くことがオスグッド病の進行を回避するために必要になりますので、加須市、「リライフ鍼灸整骨院」の強みである特殊電気(ES5000)により、いち早く炎症を抑えます。

他にマッサージやストレッチなどの手技による施術はもちろんのこと、太ももの前側の張力を減少させるために、テーピングや補助サポーター、セルフストレッチ指導も行います。そして、オーバーユース(使い過ぎ)やミスユース(誤ったフォームでの使い方)を防ぐために、リハビリや機能改善の運動指導を行います。

加須市「リライフ鍼灸整骨院」には広い運動施設と豊富な運動器具が併設・常備しているため、対処だけでなく、根本から改善していくことが実現できます。「リライフ鍼灸整骨院」は「自分史上最高の身体」をモットーにしています。大切なお子さんの大事な成長期を、痛みなく楽しいスポーツ生活が送れますよう、ぜひ、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

  • リライフ鍼灸整骨院
  • LINE
営業時間

●フィットネスの営業時間
月~金/10:00~20:00
(土・日・祝は18:00まで)
※水曜日休館日

住所
〒349-1134
埼玉県加須市北下新井104-2
カスミストア内
アクセス
栗橋駅から車で7分
南栗橋駅から車で10分
駐車場完備!