営業時間

●フィットネスの営業時間
月~金/10:00~20:00(土・日・祝は18:00まで)
※水曜日休館日

野球肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肘に痛みを抱えながら野球を続けている
  • 肘を押すと痛みがある
  • 全力でボールが投げられない
  • 球速や遠投の距離が低下している
  • 肘が腫れている

野球肘はなぜ起きるのか?|リライフ鍼灸整骨院

皆さん、野球肘といっても、ひとつの病名を指す名称ではないことはご存知でしょうか?まず、野球肘は大きく3つに分かれ、内側型・外側型・後方型に分けることが出来ます。

そして、内側型であれば、肘関節内側側副靭帯損傷、外側型であれば、離断性骨軟骨炎が代表的な怪我として挙げることが出来ます。

また、野球肘は名前の通り、投手による投球動作のオーバーユース(使いすぎ)や野球のスローイング動作時のオーバーユース(使いすぎ)に起因している肘の代表的なスポーツ障害でもあります。

そして、徐々に痛くなる慢性型と急激に出現する急性型があります。

また慢性化しやすいため、肘の痛みが出現すると注意が必要です。

症状としては、投球時の痛み・動きの悪さ・圧痛(押すと痛む)・腫脹(腫れ)全力投球が出来ない・球速が落ちる・遠投距離が落ちるなどの様々な症状を起こします。痛みの程度によっては、手術療法を選択しなくてはいけない場合もあるので、すぐ治ると思わず、加須市リライフ鍼灸整骨院にお気軽にご相談下さいませ。

野球肘が治らない・悪化する理由は?|リライフ鍼灸整骨院

リライフ鍼灸整骨院でも野球をしている学生さんはいらっしゃいますが、やはり多いのがオーバーワークです。もちろん、野球が楽しくて、毎日やればやるほど上達してくるとオーバーワークになりがちです。

又、チームの練習量自体が多い・自主練習を求められる場合など内的なオーバーワークと外的なオーバーワーク、さまざまなストレスが原因と考えられるでしょう。

ただどちらのオーバーワークでも身体に掛かる負担は成人よりはるかに大きいでしょう。身体が成人になりきれていない状態で、無理してしまうと筋肉や骨、神経など身体を構成するあらゆる箇所に負担がかかるのは、容易に想像できます。その為にもオーバーワークにならないように気をつける。そして、各関節の可動域や筋力を獲得すること・自分自身にあった投球フォーム獲得することで野球肘の再発を予防出来る可能性があります。

次に加須市リライフ鍼灸整骨院の野球肘の施術方法をお話していきたいと思います。

加須市リライフ鍼灸整骨院の野球肘の施術方法とは?

加須市リライフ鍼灸整骨院では、国家資格を持った、経験豊富なスタッフが施術にあたります。そして、炎症が強い場合や症状が強い場合は、アイシング療法やES5000(特殊電気療法)、鍼灸療法を併用して、炎症や痛みの緩和を図ります。また、野球肘だからといって、肘のみの治療をしてもなかなか改善はみられないでしょう。

投球やスローイングでは全身運動なので、肘を庇って肩や手・指、足、膝、股関節、体幹などさまざまな箇所に影響を起こします。手技療法(マッサージ)やMIインパクト(振動療法)を使って治療もさせて頂きます。

そうすることでより負担がかかりにくい身体を目指していきます。

多くの鍼灸整骨院では、痛みや症状が落ち着いてきたら、治療終了となりますが、加須市リライフ鍼灸整骨院では、野球肘になりにくい治療や運動を提案させて頂きます。加須市リライフ鍼灸整骨院では、フィットネスジムを併設している為、運動療法といって学生からご年配の方まで、競技スポーツのパフォーマンス向上から日常生活を安心して送るための運動などを様々の分野の運動をご提案します。

また、上記で説明させて頂いた通り、野球肘は身体の使い方や本来あるべきアライメント(各関節や骨の並び)を覚えることが根本改善の近道でもあると考えます。

体操や運動、トレーニングをして自分史上最高の身体を作り、野球肘に、おさらばしていただければと思います。

こちらを最後までお読み頂き、ありがとうございます。

それでは、加須市リライフ鍼灸整骨院でお待ちしております。

お問い合わせ

  • リライフ鍼灸整骨院
  • LINE
営業時間

●フィットネスの営業時間
月~金/10:00~20:00
(土・日・祝は18:00まで)
※水曜日休館日

住所
〒349-1134
埼玉県加須市北下新井104-2
カスミストア内
アクセス
栗橋駅から車で7分
南栗橋駅から車で10分
駐車場完備!