スタッフブログ

トレーニングのこだわり

こんにちは!

今日は本間が担当させて頂きます。

人の身体を診る、人にトレーニングを指導する上での自分のこだわりを今日はお話させて頂きます!

自己紹介でトレーニングが趣味だとお話ししました(^O^)

もちろん単純にトレーニングが大好きだというのは大前提ですが、いくつか理由があります!

その中で一番大きい理由は自分でトレーニングをすることで、どうすればそこの部位に効かせられるのかを理解出来るからです(*‘∀‘)

 

 

 

ここからちょっと何言ってんだこいつ、となるかもしれないので噛み砕いたかたちでまた後日説明させて下さい!
今回はめんどくさい説明をあえてさせて頂きます。

 

 

 

例えば肩こりがある方、すごく多いですよね?
肩こりの原因って沢山あると思います。

胸の筋肉が伸びずに縮こまった状態になり、肩甲骨が引っ張られて肩こりに繋がる筋肉が固まる。
そのせいで頸が前におちてボーリング玉ぐらいある頭を首から肩に付いてる筋肉で支えて更に肩の筋肉が固まる。

 

 

 

これが、いわゆる猫背の姿勢です!
肩こりの1つのパターンとして多い症状です( ゚Д゚)

 

そうならないためにどこの筋肉を使うのか、あるいは使わなくするのか、あるいは使い方を直すのか、症状や人によってそこは変えないといけません。

ただその人自体の筋肉の癖の影響で、使いたいところを使えなくなってる現象が絶対に起きています。

自分はそこの見極めとどう使えるようにするのかが一番のポイントだと思っています。

なので、自分でトレーニングをするとき例えば同じ背中にしても上、下、真ん中、外側、内側など1つ1つ意識して使うにはどう動かせばいいのかを常に考えながら行います。

 

 

一概に『背中』と言っても筋肉の数は1つではありません。
背中は特に大きいのでたくさんの筋肉が存在します。

たくさん存在する筋肉1つ1つを自分が意識して使えるようにすることで、患者さん、会員さん一人一人に合わせた説明に繋がるのとより近道で身体を改善させる手助けが出来ます。

 

 

そしてその背中でも、
身体の角度
グリップの握り方
首の位置
骨盤の位置
足幅
足が床に接しているかいないか
細かいことを言うと力を入れる指
もっと細かいことを言うと霧がありませんが、その1つずつをこだわるとより変化が出やすいです。
なので、それをこだわることで日常生活の癖や使い方を改善することに繋がります!

 

 

 

ここまでの段階でかなり引かれてそうなのでここでやめます(笑)
実際に患者さん、会員さんに説明するときはかなりシンプルに説明しているので、安心して下さいね(笑)

 

 

トレーニングってすごく深いんです(^^)
でも少しでも今まで使っていなかった筋肉を使うだけで姿勢は物凄く変わります。

ムキムキにならなくてもちょっと使うだけで全然違うので、それを是非味わって頂きたいです!

 

 

 

治療も同じでその方の歩き方、立ち方、身体のポジションをメインでみてストレッチやマッサージ、徒手抵抗などで治療をしています。

トレーニング大好きすぎて引かれがちですが、治療に役立つ、身体をよくするためになるということが少しでも伝わればいいなぁと思います!

 

リライフのスタッフは個性派揃いです!
1人1人治療のこだわりが正直違います!
そしてみんなこだわった見方、治療をしています(^^)

みんな違うので、合った先生に出会う確率も高いです。

なので色んな先生の色んな治療を是非受けてみて下さい!!!

長々とつまらない話を失礼しました。

お付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

PAGE TOP